■ オフィスデスクの高さ72cmが推奨される3つの理由

オフィスチェア同様に、オフィスにおける生産性の向上に重要な役割を果たすオフィスデスク。 以前は高さ70cmのオフィスデスクが主流でしたが、現在は72cmが主流となっております。 ここではオフィスデスクの高さ72cmが推奨される3つの理由をご案内させて頂いております。

● 理由1  働く人の体格が向上した事

現在、オフィスで働いている人の平均身長は、70cmを標準的な机の高さにした1971年当時に比べ、約4〜5cmも伸びました。 そこで机の高さを2cm高くして、働く人の体格に合わせ、働きやすい環境を提供する事が生産性の向上につながるとされております。

● 理由2  働く人が多様化した事

当時にくらべて、女性の社会進出や外国人ワーカーの増加、身障者の雇用拡大などで、オフィスで働く人が随分と多様化してきました。 72cmの高さの机は、様々な人が働く現代のオフィス環境に柔軟に対応します。 またオフィスデスクの種類によっては従来の70cmの高さの机もラインナップされております。 アジャスター調整により72cmに変更する事もできますので、お客様のニーズに合わせてお選びいただけます。

● 理由3  収納量が向上する事

机の高さを72cmにすることで、ペントレー引出しが深くなり、名刺・印鑑・その他、さまざまな文具・小物類が無理なく収納できます。 高さ72cmの袖机では、高さ70cmの袖机より130%以上も収納量が増える場合がございます。

現在のオフィスデスクは働きやすいオフィス環境を目指し、働く人の体格向上やユニバーサルデザインを配慮し、高さ72cmが推奨されております。 作業の効率性や作業者の快適性に大きく影響するため、適切にサイズ選ぶことが重要です。

● こちらのコンテンツに関連する商品はこちら

『ISデスクシステム』 片袖デスク・A4収納タイプ ≪ W1200・D700・H720 ≫

多様化するITツールに最適な環境を提供する、高さ72cmのニュー・スタンダードデスク。 使いやすさを追求した大容量の配線や収納力の高い引出しを装備しながら安全面にも配慮。 ワーカーが求めるデスクの環境を実現します。