■ 肘掛け付きのオフィスチェアが推奨される3つの理由

多くのオフィスチェアでは肘付きと肘無しタイプがあり、購入する時にどちらのタイプが良いか悩む事があるかと思われます。 主要オフィス家具メーカーでは、肘掛けはオフィスチェアにおいて重要な要素と考え、肘掛け付きのイスを推奨しています。 ここでは、肘掛け付きのオフィスチェアが推奨される3つの理由をご案内させて頂いております。

● 理由その1  肩への負担を軽減する事

身の回りを見ていくと、長時間座るイス(新幹線や映画館など)にはほとんど肘掛けが付いていることに気づきます。 両腕の重さは体重の約16%にもなるため、机に向かう通常の作業姿勢において、両腕を肘掛けにもたれることで肩への負担を軽減させたり、体圧を分散させることができます。

● 理由その2  様々な行動をサポートする事

オフィスではパソコン作業以外にも様々な行動をとる事がございます。 休息する、考える、電話する、座る・立ち上がる。 それらの行動を行う際に、肘掛けがある事で行動のきっかけになったり、サポートを行うなどの重要な役割を担ってくれます。

● 理由その3  姿勢崩れをふせぎ正しい着座姿勢にする事

パソコン作業時には前かがみになったりなど、姿勢が崩れてしまう事もございます。 調節機能付きの肘は姿勢崩れをふせぎ、背筋の伸びた正しい着座姿勢を保つ事に役立ってくれます。 高さ調節においては肘掛の高さを机上面の高さに合わせて作業姿勢をとると、背筋を伸ばしやすくなり、背もたれを有効に使うことができます。 水平方向の動きを調節できる肘の場合、幅を合わせたり角度を変えることで、疲れにくいとされる脇を締めた姿勢をとることができます。 前後方向に動きを調節できる肘の場合、机に近づくことができ、背もたれを有効に使うことができます。体圧分散性が向上するため、肩や腰への負担が軽減できます。

以前は装飾品のようでもあった肘掛けが、テクノロジーの進化にともない、現在では人の体をささえる重要なアイテムとなっております。 オフィスチェアのもつ機能を最大限に引き出すことにも繋がりますので、なるべく肘掛け付きのオフィスチェアに座ることをおすすめさせて頂きます。

● こちらのコンテンツに関連するおすすめ商品はこちら

『ベゼル』 アルミポリッシュタイプ ヘッドレスト&アジャストアーム ≪ランバーサポート付き≫ フレームカラー 【ホワイト】 『背座同色タイプ』

多様化・複合化する働き方やツールに合わせて変化する着座姿勢に、新たな姿勢サポート機能を搭載した『ベゼル』。 多様化する作業姿勢をサポートするため、可動肘の水平の動きを一新。 前傾姿勢でも後傾姿勢でも、身体に近い位置に肘当てを移動できるよう、大きくスライドする動きを加えました。 段階式でなくスムーズに動く機構と、角度の付いた肘当て部によって、作業姿勢の変化に対しても柔軟に追従します。